箱根駅伝2020!順天堂大学の長門俊介監督の経歴や実績・プロフィールを紹介!

スポーツ

箱根駅伝が今年も開催されます。

どの大学が総合優勝をするのか?
注目が集まる駅伝ですよね。

そんな箱根駅伝に出場する、
順天堂大学の長門俊介(ながと しゅんすけ)監督について、
経歴や実績、プロフィールを紹介しましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

長門俊介のプロフィール!経歴や実績は?

長門俊介(ながと しゅんすけ)監督のプロフィールはこちら。

長門俊介(ながと しゅんすけ)

生年月日:1984年5月4日(35歳)
出身地:長崎県
出身高校:長崎県立諫早高校
出身大学:順天堂大学

長門俊介監督は、
長崎県立諫早高校を卒業すると
順天堂大学へ進学します。

順天堂大学では
箱根駅伝に4年連続で出場。

4年生の時には
区間賞を獲り総合優勝も経験しています。

順天堂大学を卒業後、
JR東日本へ入社し
実業団の選手として活躍しました。

◆長門俊介監督としての実績

長門俊介監督は
現役選手を引退した2011年に、
順天堂大学駅伝チームの
コーチに就任します。

2016年からは監督に就任しています。

長門俊介監督がコーチに就任したころ、
順天堂大学は
箱根駅伝に出場できないほど
低迷していました。

そんな順天堂大学の駅伝部を、
長門俊介監督は建て直し
箱根駅伝に連続出場するまでに、
選手を育て上げました。

スポンサーリンク

長門俊介監督の指導者としての哲学

長門俊介監督が、
順天堂大学に在籍していたころは
“紫紺対決”といって、
駒沢大学と優勝争いをしていました。

ですが、コーチに就任したころの
順天堂大学は、
箱根駅伝の予選会に落ちるなど
まさにドン底。

選手たちは諦めムードで、
とても試合に勝てる状態ではありませんでした。

そこで、長門俊介監督が
まず取り組んだのが、
選手たちの意識改革。

少しずつ自信を取り戻させることで、
選手たちの意識が向上し
2015年ごろからチームが上向き始めます。

練習のレベルが上がるのに比例して
大会成績も上がってきました。

長門俊介監督は、
体幹トレーニングやクロスカントリーなどを
練習に取り入れることで、
ケガをし難い体を選手たちに作っています。

箱根駅伝2020の順天堂大学エントリー選手

  • 4年:藤曲寛人(ふじまがり ひろと)
  • 4年:橋本龍一(はしもと りゅういち)
  • 4年:小畠隆太郎(こばたけ りゅうたろう)
  • 4年:鈴木雄人(すずき ゆうと)
  • 4年:髙林遼哉(たかばやし りょうや)
  • 4年:野田一輝(のだ かずき)
  • 3年:澤藤響(ふじさわ ひびき)
  • 3年:清水颯大(しみず そうだい)
  • 3年:野口雄大(のぐち ゆうだい)
  • 3年:原田宗広(はらだ むねひろ)
  • 3年:真砂春希(まさご はるき)
  • 3年:矢野直幹(やの なおき)
  • 2年:小島優作(こじま ゆうさく)
  • 2年:人見隆之(ひとみ たかゆき)
  • 2年:吉岡智輝(よしおか ともき)
  • 1年:西澤侑真(にしざわ ゆうま)

 

 

 

箱根駅伝2020!順天堂大学の長門俊介監督の経歴や実績・プロフィールを紹介! まとめ

箱根駅伝2020に出場する
順天堂大学の長門俊介監督について、
経歴や実績やプロフィールを紹介しました。

長門俊介監督の指導によって、
ドン底から這い上がってきた順天堂大学。

箱根駅伝ではどんな走りを見せるのか、
今から楽しみですね!

以上、
順天堂大学の長門俊介監督についてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました