塩澤稀夕(東海大学)の高校や中学、経歴や実績などプロフィールを紹介!

スポーツ

箱根駅伝が今年も開催されます。

どの大学が総合優勝をするのか?
注目が集まる駅伝ですよね。

東海大学で花の2区を走るのが
塩澤稀夕(しおざわ きせき)選手

そんな東海大学の塩澤稀夕選手について、
高校や中学などの経歴や実績を紹介しましょう!

 

 

スポンサーリンク

塩澤稀夕のプロフィール!高校や中学などの経歴や実績は?

塩澤稀夕(しおざわ きせき)選手のプロフィールはこちら。

塩澤稀夕(しおざわ きせき)


生年月日:1998年12月17日(21歳)
出身地:三重県
身長・体重:179cm 58kg
出身校:三重県桑名市立成徳中学校 卒業
伊賀白鳳高等学校 卒業

⇒Twitter
⇒Instagram

塩澤稀夕選手は、
高校時代も陸上部に在籍していて
その実力は誰もが認めるところ。

塩澤稀夕選手は
2017年の高校最後の駅伝となる、
都道府県駅伝で1区を走り
1位で襷をつないでいます。

東海大学に入学しても
その実力は衰えること無く、
期待のルーキーとして
チームに温かく迎えられました。

大学1年生の時に出場した
出雲駅伝では2区を走り、
区間5位の成績を残しています。

また、今年の全日本大学駅伝では
3区を走り、
区間3位の成績でチームに貢献しました。

この時に走りはまさに快走で、
圧巻の7人抜きをしています。

これだけの実績があれば、
花の2区を任されるのも納得ですね。

 

塩澤稀夕選手で
1番気になるのが名前の呼び方ですよね。

稀夕とかいて“きせき”と呼びます。

“稀(まれ)”に見える
真っ赤な“夕陽”にちなんで、
名付けられたのかもしれません。

スポンサーリンク

塩澤稀夕選手のエピソード

塩澤稀夕選手は、
1年生の時はケガに悩まされ
思うような走りができませんでした。

そんな塩澤稀夕選手を救ったのが
“フォアフット走法”。

フォアフット走法とは、
かかとから着地するのではなく
つま先部分から着地することで、
膝への負担を減らす走り方のこと。

長距離ランナーにとっては
足への負担が軽く、
理想的な走り方になります。

 

海外の選手は、
小さい頃からの生活習慣の影響で
自然にフォアフット走法になっている事が多く、
日本人には習得が難しい走り方とされています。

ですが塩澤稀夕選手は、
従来のかかとからの着地では
ケガが悪化すると考え、
走り方を変える選択肢をとります。

そして見事、
日本人には難しいとされる
フォアフット走法をものにして、
成績を伸ばしてきました。

その成果は、
今年の全日本大学駅伝で実証済みです。

塩澤稀夕(東海大学)の高校や中学、経歴や戦績などプロフィールを紹介! まとめ

箱根駅伝2020に出場する
東海大学の塩澤稀夕選手について、
経歴や実績やプロフィールを紹介しました。

花の2区を任される塩澤稀夕選手。

新しい走法を身に着け
箱根駅伝ではどんな走りを見せるのか、
今から楽しみですね!

以上、
東海大学の塩澤稀夕選手についてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました