石綿宏人(中央学大)の高校や中学、経歴や実績などプロフィールを紹介!

スポーツ

箱根駅伝が今年も開催されます。

どの大学が総合優勝をするのか?
注目が集まる駅伝ですよね。

中央学院大学で、
10区のアンカーを走るのが
石綿宏人(いしわた ひろと)選手。

そんな中央学院大学の石綿宏人選手について、
高校や中学などの経歴や実績を紹介しましょう!

 

 

スポンサーリンク

石綿宏人のプロフィール!高校や中学などの経歴や実績は?

石綿宏人(いしわた ひろと)選手のプロフィールはこちら。

石綿宏人(いしわた ひろと)


生年月日:1999年1月30日(20歳)
出身地:千葉県松戸市
身長・体重:164cm 51kg
出身校:松戸市立小金北中学校 卒業
市立松戸高校 卒業

⇒Twitter

石綿宏人選手は、
松戸市立小金北中学校を卒業すると
市立松戸高校へと進学します。

中学時代には、
のちに同じ中央学院大学で再会する
髙橋翔也選手と同級生です。

市立松戸高校では、
3年生の時に
県高校総体5000mで
12位に入っています。

また、県高校駅伝では
3年連続で1区を任されていました。

 

石綿宏人選手は、
市立松戸高校を卒業すると
中央学院大学へと進学。

1年生の時には
あまり大きな大会への出場はないですが、

2年生の時に
関東インカレ2部の10000mで27位に。

続く出雲駅伝では、初出場ながら
アンカーとなる6区を走り、
8位の成績を残しました。

2019年の箱根駅伝でも、
10区のアンカーを任され
9位に入っています。

3年生になると
全日本駅伝に出場。

8区のアンカーを走り
6位になっています。

スポンサーリンク

石綿宏人選手のエピソード

石綿宏人選手の自己ベストは、

5000m:14分19秒69
10000m:29分11秒06
ハーフマラソン:1時間3分3秒

となっています。

石綿宏人選手の特徴は、
初出場で最終ランナーを任され、
しっかりとした走りを見せる強心臓。

普通の人であれば、
初出場でアンカーを走れば
緊張などから実力が出せないまま、
終わってしまうことも珍しくありません。

ですが、石綿宏人選手の場合、
プレッシャーがある方が
本来の実力を出せるようですね。

石綿宏人(中央学大)の高校や中学、経歴や実績などプロフィールを紹介! まとめ

箱根駅伝2020に出場する
中央学院大学の石綿宏人選手について、
経歴や実績やプロフィールを紹介しました。

中央学院大学の
10区を走る石綿宏人選手。

箱根駅伝では
どのような走りを見せるのか、
今から楽しみですね!

以上、
中央学院大学の石綿宏人選手についてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました