チャールズ・ドゥング(日本大学)の高校や中学、経歴や実績などプロフィールを紹介!

スポーツ

箱根駅伝が今年も開催されます。

どの大学が総合優勝をするのか?
注目が集まる駅伝ですよね。

日本大学で花の2区を走るのが
チャールズ・ドゥング選手。

そんな日本大学のチャールズ・ドゥング選手について、
高校や中学などの経歴や実績を紹介しましょう!

 

 

スポンサーリンク

チャールズ・ドゥングのプロフィール!高校や中学などの経歴や実績は?

チャールズ・ドゥング選手のプロフィールはこちら。

チャールズ・ドゥング


生年月日:1996年2月10日(23歳)
出身地:ケニア
身長・体重:169cm 52kg
出身校:マサクワ中(ケニア) 卒業
札幌山の手高校 卒業

チャールズ・ドゥング選手は、
来日8年目を迎えます。

札幌山の手高校では、
全国高校総体5000mで
3年連続2位。

全国高校駅伝でも
2、3年生の時に出場し、
3区を走り区間3位に成績を残しています。

 

高校卒業後は実業団の
小森コーポレーションに入社。

5000m、10000m、
ハーフマラソンで自己記録を更新するなど、
4年間で目覚ましい活躍を見せます。

ですがニューイヤー駅伝には
出場することができず、
将来指導者になるために
箱根駅伝へ挑戦する意欲がわきます。

来日当初から、
「すごく良い雰囲気で走ってみたい」
と思っていた箱根駅伝。

その思いを叶えるために
日本大学へと進学することを決めます。

実業団から大学へ入学するという、
異例の行動に注目が集まっていますよ。

スポンサーリンク

チャールズ・ドゥング選手のエピソード

チャールズ・ドゥング選手には、
結婚を控えている
ケニア出身の20代女性がいます。

また、両親には家を購入するなど
とても家族思いな一面がありますよ。

チャールズ・ドゥング選手の自己ベストは、

5000m:13分25秒32
10000m:27分57秒36
ハーフマラソン:1時間2分23秒

となっています。

実業団を経験し、
ケニア出身ならではの
身体能力を持つチャールズ・ドゥング選手。

どんな走りを見せるのか
期待しましょう!

チャールズ・ドゥング(日本大学)の高校や中学、経歴や実績などプロフィールを紹介! まとめ

箱根駅伝2020に出場する
日本大学のチャールズ・ドゥング選手について、
経歴や実績やプロフィールを紹介しました。

日本大学の花の2区を走る、
チャールズ・ドゥング選手。

箱根駅伝では
どのような走りを見せるのか、
今から楽しみですね!

以上、
日本大学のチャールズ・ドゥング選手についてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました