オーストラリアの山火事・森林火災の原因は?ユーカリや温暖化が関係している?

時事・ニュース

400万ヘクタールの土地をもやし、
現在もなお燃え続けている
オーストラリアの山火事。

オーストラリアは湿気が低く、
乾燥しているため
毎年山火事は起きていました。

ですが、
ここまで大きく被害が広がった山火事は
過去に例がありません。

ここまで大きくなった
オーストラリアの山火事の原因は、
いったい何のでしょうか?

その原因を調査しました!

 

オーストラリアの山火事被害の
募金や寄付については、
こちらの記事で詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事の原因は自然現象と人為的の2つ

オーストラリアの山火事の原因は、
大きく2つに分けられます。

それが、

  • 自然現象が原因
  • 人為的な原因

です。

湿気が多い日本では考えられないですが、
夏期で乾燥した地域では
これらが原因で山火事がよく起きます。

もし、日本の夏が
湿気の多いジメジメした夏でなければ、
日本でも毎年山火事が起きてしまうことでしょう。

日本の気候がいかに恵まれているか、
改めて考えさられますね。

 

オーストラリアの山火事の原因となった
自然現象と人為的な原因について、
詳しく解説しましょう!

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事の原因:自然現象

オーストラリアの山火事の原因の1つ、
自然現象には、
3つの原因が考えられます。

  • 気候変動と乾季
  • ユーカリ
  • 落雷

1つずつ解説していきます。

◆気候変動と乾季

オーストラリアは
乾燥地帯となるため、
乾季になるとほとんど雨が降りません。

逆に雨季では突然大雨になる
スコールがよく降ったりします。

乾季となったオーストラリアは、
雨が降らないため湿度が低く
乾燥した気候となります。

そこに気候変動による
異常気象の影響で、
高温が続きました。

 

調べてみると
2019年の12月と1月には、
40℃を超えた日が3回ありました。

例年以上の高温低湿が、
今回の山火事を大きくした原因に
関わっているようですね。

◆ユーカリ

オーストラリアに生息する
コアラの大好物であるユーカリ。

実はこのユーカリは、
山火事の原因となる
自然発火が絶えません。

ユーカリの葉っぱには、
“テルペン”という
可燃性の物質が分泌されています。

気温が高くなると
この“テルペン”の分泌量が多くなります。

“テルペン”は非常に発火性が高いため、
風などでユーカリの葉っぱが擦れただけで
発火してしまいます。

さらに、ユーカリの樹皮は
非常に燃えすいため、
葉っぱから引火し炎の勢いを強めてしまいます。

こうしてユーカリを起点として、
山火事が広がっていくわけです。

 

ちなみにユーカリは、
樹皮が燃えると
幹から剥がれ落ちるため、
ユーカリの幹は燃えません。

さらに、
ユーカリは根っこに栄養を蓄えているので
燃え尽きた土地でも成長し、
新しい芽を出すことができます。

ですがユーカリ以外の植物は、
そんな進化を遂げていないため
非常に迷惑と思っているでしょう。

◆落雷

乾季によって乾燥した木に、
雷が落ちることで
山火事の起点となる場合があります。

今回の大規模な山火事の場合、
火災によって発生した煙によって
“火災積乱雲”を形成し、
落雷を発生させるという
悪循環が起きています。

オーストラリアの山火事の原因:人為的な原因

オーストラリアの山火事の原因には、
自然現象以外にも
人為的な原因もあります。

◆意図的ではない人為的な原因

オーストラリアでは乾季になると、
全面火器禁止令が発令されることがあります。

全面火器禁止令が発令されると、

  • バーベキューの禁止
  • タバコやマッチのポイ捨て
  • 火遊び
  • 工具や機械からの火花

といったことが禁止になります。

これらの事例に違反すると、
ニューサウスウエールズ州の場合は
警告を受けたら罰金2200ドル(約16万6千円)。

起訴されると、
最高5500ドル(約41万5千円)の罰金か
最長12ヶ月の禁固刑となってしまいます。

 

なかなか厳しいですが、
ちょっとしたことで大惨事になるため
厳戒態勢になるのは仕方がないですね。

今回のオーストラリアの山火事では、
故意ではない違反で
現在まで100人ほど法的措置がとられたそうです。

◆意図的な人為的原因

意図的な人為的原因には、
“野焼き”や“迎え火”
といったものが含まれます。

“野焼き”は、
枯れ草を焼くことで
土地の状態をリセットし、
次の作物を育てます。

“迎え火”は、
予め燃えやすい下草を焼くことで
延焼を防ぎ火災の進行を止めること。

ですが、
火器禁止令が発令しているなか
これらのことをすればもちろん違反ですし、
立派な“放火”になってしまいます。

今回のオーストラリアの山火事では、
故意に火を点けたとされ
24人が検挙されたニュースも流れてきました。

 

火器禁止令は
日本では考えられないことですが、
深刻な山火事被害が多いオーストラリアでは
火器を使わないことで、
火事の被害を食い止めているんですね。

オーストラリアの山火事・森林火災の原因は?ユーカリや温暖化が関係している? まとめ

オーストラリアの山火事の原因について、
自然現象と人為的な原因を紹介しました。

日本に住んでいると
高温多湿でジメジメして嫌な気分になりますが、
そのお陰で山火事の被害がないことを考えると
我慢ができそうですよね。

オーストラリアの山火事では、
野生動物の多くが犠牲になり
その被害はまだ把握できていません。

これ以上燃え広がること無く
鎮火してほしいですね。

 

オーストラリアの山火事被害の
募金や寄付については、
こちらの記事で詳しく紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました