オーストラリアの山火事・森林火災!被害範囲や規模は?いつから燃えている?

時事・ニュース

いまだに燃え続け
甚大な被害を出し続けている、
オーストラリアの山火事。

その被害の範囲や規模、
いつから燃えているのかなど
調査しました!

 

オーストラリアの山火事・森林火災の原因についてはこちら。

 

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事・森林火災はいつから燃えている?

オーストラリアの山火事は、
2019年の9月ごろに
ニューサウスウェールズ州と
ビクトリア州で発生しました。

それから5ヶ月経った現在も、
なお燃え続けています。

その被害は1030万ヘクタールにも及び、
犠牲となった消防士は28人となりました。

1030万ヘクタールは
韓国とほぼ同じ大きさ。

それだけの土地が焼け野原となり、
まだおさまる気配を見せていません。

野生動物の被害は
10億匹とも言われ、
生態系の破壊や絶滅危惧種の生存が
危ぶまれています。

オーストラリアの山火事の状況は、
以下のサイトで見ることができます。

 

 

発生から72時間までの火災の状況を、
見ることができますよ。

スポンサーリンク

オーストラリアの山火事・森林火災の被害範囲

オーストラリアの山火事の被害となった、
各地の被害状況を見てみましょう。

◆ニューサウスウェールズ州

今回の山火事で、
最も被害の大きい
ニューサウスウェールズ州。

  • 500万ヘクタール以上焼失
  • 2,000戸以上の家屋が破壊
  • 現在も100件以上の火災が燃え続けている
  • 犠牲者20名
  • 煙による深刻な大気汚染

現在も100件以上の火災が燃え続けている
ニューサウスウェールズ州。

最も被害が大きく
犠牲者も多く出ています。

また、山火事で発生した大量の煙が
風にのって東海岸に流れ、
シドニーや首都のキャンベラなどで
深刻な大気汚染も発生しています。

◆ビクトリア州

ニューサウスウェールズ州に次いで、
被害の大きいビクトリア州。

  • 120万ヘクタール以上焼失
  • 300戸以上の家屋が破壊
  • 現在も20件の火災が燃え続けている
  • 犠牲者3名

ニューサウスウェールズ州との
国境にあった2つ大きな火災は、
1つに統合されたようです。

被災地では強制避難を支援するため、
軍が軍隊や船、航空機を準備しました。

◆南オーストラリア州

カンガルー島で
大規模な火災が発生し、
被害が拡大しています。

  • カンガルー島の約3分の1にあたる21万ヘクタールが焼失
  • 80戸以上の家屋が破壊
  • 犠牲者3名
  • 現在も120kmに及ぶ範囲で燃え続けている
  • 推定25,000匹のコアラが死亡

独自の生態系を持つカンガルー島ですが、
飛び火した火災で
島の3分の1以上が焼失してしまいました。

島に生息する絶滅危惧種や、
生態系が破壊された状態での
種の生存が危ぶまれています。

◆クイーンズランド州

  • 25万ヘクタールが焼失
  • 45戸の家屋が破壊
  • 現在も50件以上の火災が燃え続けている

◆西オーストラリア州

  • 現在も30件以上の火災が燃え続けている
  • 150万ヘクタールが焼失

◆ノーザンテリトリー州

  • 現在も10件以上の火災が燃え続けている
  • 5戸の家屋が破壊

◆タスマニア州

  • 現在も50件以上の火災が燃え続けている
  • 3万ヘクタールが焼失
  • 2戸の家屋が破壊

 

オーストラリアの山火事・森林火災の
募金や寄付をする方法はこちら。

 

オーストラリアの山火事・森林火災!被害範囲や規模は?いつから燃えている? まとめ

オーストラリアの山火事について、
被害範囲や規模を紹介しました。

気温が下がり雨が降ったお陰で
多少は火災の勢いが落ちましたが、
それでもまだ鎮火には程遠い状態です。

日本ではあまり報道されませんが、
現地の被災状況や動物の被害など
出来得る限り記事を更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました