ナイキの厚底シューズが使用禁止!?理由は?過去の記録はどうなる?

時事・ニュース

長距離走で新記録を次々と塗り替えた、
ナイキのピンクの厚底シューズ
「ヴェイパーフライ」が、
世界陸連によって使用禁止になる可能性がある、
というニュースが飛び込んできました。

先の箱根駅伝でも
8割の選手が使用し、
区間新を更新していて注目されていました。

そんなナイキの厚底シューズ、
「ヴェイパーフライ」が
使用禁止になる理由とは?

ヴェイパーフライを使用して出した
過去の記録はどうなるのか?
などを調査しました!

スポンサーリンク

ナイキの厚底シューズが使用禁止になる理由は?

ナイキの厚底シューズが
世界陸連によって使用禁止になる、
というニュースが
複数メディアで報じられています。

それらのニュースによると、
世界陸連が
ナイキの厚底シューズを使用禁止にする理由として、

「競技に使用されるシューズは、
すべてのランナーが合理的に利用可能でなければならず、
不公平なサポートや利点を提供するものであってはいけない」

という規則に抵触するから、
ということです。

 

確かに、ナイキの厚底シューズの
「ヴェイパーフライ」は、
1足約30,000万円するので、
すべての選手が手に入れるのは難しいでしょう。

ですが、現在は技術の進歩により
ナイキ以外のメーカーも、
新しいシューズを開発しています。

今年は東京オリンピックが開催されるので、
その時には他のメーカーの
新技術を使ったシューズが発売されているでしょう。

なので、
今ナイキの厚底シューズを
使用禁止にしても、
他メーカーのシューズを使えば
世界陸連の規約をすり抜けることになってしまいます。

◆ナイキの厚底シューズの規格規制

世界陸連が、
ナイキの厚底シューズを使用禁止にする
というニュースと並んで、

同時に言われているのが、
「規格の制限」
です。

現在、ナイキの厚底シューズである
「ヴェイパーフライ」には、
ミッドソールに航空宇宙産業で使う
特殊素材に由来するフォーム(ズームX)を採用し、

「推進力」をつけるため、
特殊素材の間に反発力のある
スプーン状のカーボンプレートがはさみこまれています。

この仕様によって厚底になり、
選手の足の負担もかなり軽くなっています。

世界陸連はここにメスを入れて、
厚底の制限や
カーボンプレートの反発係数などに
一定の基準を設けるのではないか、
と言われています。

ナイキの厚底シューズを
全面禁止にするよりかは、
規格を制限したほうが
より現実的な気がしますね。

スポンサーリンク

ナイキの厚底シューズで出された過去の記録はどうなる?

もし、世界陸連によって
ナイキの厚底シューズが使用禁止になった場合、
過去の大会で出された記録はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、
ナイキの厚底シューズを履いて
出された過去の記録は、
抹消されずにそのまま残ります。

ナイキの厚底シューズによって、
数々の記録が塗り替えられましたが
その功績が残るのは、
当然といえば当然ですね。

ネットの反応

ナイキの厚底シューズが使用禁止!?理由は?過去の記録はどうなる? まとめ

ナイキの厚底シューズが
使用禁止になる事について、
理由や過去の記録がどうなるのかを
紹介しました。

世界陸連からの
正式な発表はまだないですが、
技術の進歩によって
記録が大幅に塗り替えられることは、
今後も出てくるでしょう。

過去には水泳で、
“レーザーレーサー”
が問題になりました。

結局レーザーレーサーの使用禁止で落ち着きましたが、
今回も同じ事態になるのか?
注目が集まります。

以上、
ナイキの厚底シューズについてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました