出澤杏佳のWikiプロフィール!中学や高校は?ラケットやラバーのメーカーは?

スポーツ

卓球・全日本選手権大会で、
平野美宇選手を破ったのが
高校生の出澤杏佳(いでさわ きょうか)選手。

大金星をあげた出澤杏佳選手の、
中学や高校、使用しているラケットやラバーなど
Wiki風プロフィールを紹介しましょう!

スポンサーリンク

出澤杏佳のWiki風プロフィール!中学や高校は?

出澤杏佳選手のプロフィールはこちら。

出澤杏佳(いでさわ きょうか)

生年月日:2002年6月28日(17歳)
出身地:茨城県
身長:162cm
背番号:6
出身中学:日立市立泉丘中学校
出身高校:大成女子高
戦型:右シェーク異質攻撃型
世界ランキング(最新):298位
過去の世界最高ランキング:298位
所属:トップおとめピンポンズ名古屋

⇒Twitter

出澤杏佳選手は、
2019年の全日本ジュニア女子を制している
実力者。

そんな出澤杏佳は、
一時は四天王寺中学へ通っていましたが
体力や周りとのレベルの違いに挫折し、
地元の茨城県へ戻ってきます。

その時に通っていた中学校が、
日立市立泉丘中学校。

挫折したものの
地元の中学校へ通い、
友達とも触れ合うことで
卓球への情熱が再び戻ってきたのでしょう。

 

中学を卒業すると、
同じく地元にある
大成女子高等学校へ進学します。

大成女子高等学校は、
バレーボールの強豪校でも知られ
春高バレーやインターハイの常連校。

実は卓球でも強豪校で
地区予選では上位を独占。

県大会も何度も制しています。

そんな強豪校で
出澤杏佳選手はもまれ、
実力を付けてきました。

 

そして、
2019年の全日本ジュニア女子を優勝すると
トップおとめピンポンズ名古屋と契約。

現役高校生ながら
Tリーグへ参加する資格を得ます。

スポンサーリンク

出澤杏佳選手の特殊ラケットやラバーのメーカーは?

出澤杏佳選手の最大の特徴は、
戦型にもある右シェーク異質攻撃型。

なにかのキャラの
必殺技のような名前ですが、
一言で言えば変化に富んだ球を得意としています。

その特殊な戦法を生み出している秘密が、
出澤杏佳選手が使っている
ラケットとラバーにあります。

通常の選手は、
フォアを打つ表面と
バックを打つ裏面とで、
同じラバーを使います。

ですが出澤杏佳選手の場合、
表面はソフト、
裏面は突起の長い粒高ラバーを使っています。

そのため、
バックハンドで打った球の変化の
予測が難しく、
なれていない選手は翻弄されてしまいます。

この独創的な異質なスタイルが
出澤杏佳選手の強みですね。

もちろん、
実力がなければ
このスタイルで勝つことは難しいです。

◆出澤杏佳選手のラケットとラバーのメーカーは?

出澤杏佳選手が使っている
ラケットとラバーのメーカーは、

ラケット:剛力(ニッタク)
ラバー(表面):VO>102(VICTAS)・表面ソフトラバー
ラバー(裏面):カールPH(TSP)・粒高ラバーOX

となっています。

出澤杏佳のWikiプロフィール!中学や高校は?ラケットやラバーのメーカーは? まとめ

出澤杏佳選手について、
中学や高校などの
プロフィールを紹介しました。

特殊なラケットを使い
変化に富んだ球を得意とする、
出澤杏佳選手。

“異質”なだけではなく
確かな実力も兼ね備えています。

出澤杏佳選手の
これからの活躍を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました