ミスター押忍は何者?経歴や流派は?Wikiプロフィールを紹介!

エンタメ

水曜日のダウンタウンのコーナーで、
「会話を“押忍”のみでやり遂げる人」
として紹介された“ミスター押忍”さん。

たびたび水曜日のダウンタウンで見かけますが、
このミスター押忍さんは何者なでしょうか?

そんなミスター押忍さんの
本名や経歴や空手の流派など
プロフィールを紹介しましょう!

 

「水曜日のダウンタウン」は
Paraviで見ることができますよ!

⇒Paravi

スポンサーリンク

ミスター押忍のプロフィール!

ミスター押忍さんの、
プロフィールはこちら!

◆ミスター押忍のプロフィール

ミスター押忍(ミスターおす)

本名:和田和三(わだ かずみ)
生年月日:1942年(78歳)
出身地:不明
身長・体重:不明
血液型:不明
趣味・特技:空手
出身大学:拓殖大学
流派:松濤館流(しょうとうかんりゅう)

ミスター押忍さんは、
現在78歳。

本名は和田和三(わだ かずみ)といいます。

水曜日のダウンタウンでは、
「会話を“押忍”のみでやり遂げる人」
として紹介されました。

そんなミスター押忍である、
和田和三さんの空手歴は30年以上!

それだけ空手をやっていれば、
口癖で“押忍”と言ってしまうのは
仕方がないですよね。

 

“押忍”とは、
相撲用語のが語源で
“押しの一手”から来ていると言われています。

昭和初期には使われていて、
“押しを忍(お)して勝つ”と
掛け合わされた相撲の極意。

相手を押していることを、
忍=悟られない
ようにして勝つ。

といった意味合いでしょう。

ただ、和田和三さんが
口癖として普段から使っている押忍は、
そこまでの意味はなく
挨拶や相づちのようなもので、
特に深い意味はないように思われます。

スポンサーリンク

ミスター押忍の空手の流派“松濤館流”とは?

ミスター押忍である
和田和三さんの空手の流派、
松濤館流(しょうとうかんりゅう)
とはどういった空手なのでしょうか?

松濤館流は、
剛柔流、糸東流、和道流と並ぶ
空手4代流派の1つで
近代空手の祖とも言われる船越義珍が、
昭和14年に開いたとされています。

今では世界中に広がり
最も多くの人に学ばれている流派だそうですよ。

また、韓国のテコンドーは
松濤館流から派生したものだそうです。

 

世界中の人が学んでいる
空手の流派だったとは知りませんでした。

そんな空手を見に付けている和田和三さんは、
空手の全国大会に出場しました。

その模様は、
1月22日の「水曜日のダウンタウン」で
放送されます。

1度目は痛風によりドクターストップ。
2度目は申込忘れ。

3度目の正直で
全国大会へと出場した和田和三さん。

どこまで勝ち上がったのか、
放送が楽しみですね!

 

「水曜日のダウンタウン」は
Paraviで見ることができますよ!

⇒Paravi

ミスター押忍は何者?経歴や流派は?Wikiプロフィールを紹介! まとめ

ミスター押忍こと和田和三さんについて、
経歴や空手の流派などの
プロフィールを紹介しました。

78歳でも
年齢を感じさせないほど元気なのは、
やはり空手をしているからなのでしょう。

以上、
ミスター押忍さんについてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました