コールドムーンとは?名前の由来は?見れる時間は何時ごろ?

イベント

今年最後の満月、
“コールド−ムーン”を
12月12日の夜に見ることができます。

2019年の令和元年最後の満月。

色々あった今年を振り返りつつ、
夜空を眺めてみませんか?

そんなコールドムーンについて、
名前の由来や見れる時間などを
調査しました!

スポンサーリンク

コールドムーンとは?名前の由来は?

12月に見える満月のことを
“コールドムーン”と呼びます。

コールドムーンの名前の由来は、
昔の人々は月の動きや星を見て
狩りや農作業を行う時期をはかっていました。

天文を中心とした生活基盤があったわけです。

アメリカには農業暦というものがあり、
文字通り農業をするために必要な
様々な知恵が書かれていました。

季節の移り変わりや月日や干支、
年中行事など農業に関わる
あらゆる農作業の種類や手順を示す、
慣習的な暦法です。

 

この農業歴には、
各月の満月の名前があり
12月はコールドムーンと呼ばれています。

日本でも各月に名前がありますよね。

1月は睦月、2月は如月など、
これと同じように
満月にも各月で呼び名があります。

その中で12月は、
日が短くなり寒く暗い夜が
もっとも長くなることから、

寒月=コールドムーン
もしくは、
長与月=ロングナイトムーン

と呼ばれるようになりました。

◆その他の12月の満月の呼び方

コールドムーンや
ロングナイトムーン以外にも、
12月の満月の呼び名はあります。

北欧では、
古代ヨーロッパのゲルマン民族や
ヴァイキングが行っていた祭事にちなみ、
“ユールの前の月”と呼ばれています。

また、ケルト神話に由来した
“オークムーン”とも。

これはオークの木は
崇拝の対象として神聖視されており、
オークのヤドリギには
特別な力が備わっている。

という伝承からきています。

他にも、

  • クリスマスムーン
  • ビタームーン
  • ピーチムーン

と言った呼び名がありますよ。

スポンサーリンク

2019年、令和元年最後の満月が見れるのは何時ごろ?

令和元年最後の満月は、
月の出が16:35ごろ。

そこからゆっくりと上昇し、
真上に来るのが
深夜2時ごろにになります。

今夜は天気がいい場所が多いですが、
新潟や金沢などの北陸地方、
札幌、沖縄などの一部地域は
雲が多くコールド-ムーンを見るのは難しいです。

冬の夜は思ったより冷えるので
防寒対策をして鑑賞しましょう!

◆各月の満月の呼び方

12月のコールドムーン以外の
各月の満月の呼び方はこちら。

  • 1月:ウルフムーン
  • 2月:スノームーン
  • 3月:ワームムーン
  • 4月:ピンクムーン
  • 5月:フラワームーン
  • 6月:ストロベリームーン
  • 7月:パクムーン
  • 8月:スタージャンムーン
  • 9月:ハーベストムーン
  • 10月:ハンターズムーン
  • 11月:ビーバームーン
  • 12月:コールドムーン

各月ごとに、
特徴的な呼び名がついていますね!

コールドムーンとは?名前の由来は?見れる時間は何時ごろ? まとめ

コールドムーンについて、
名前の由来や
見れる時間などを紹介しました。

各月ごとに
満月の呼び名があるなんて、
全く知りませんでしたね。

コールドムーンも
12月らしくていいですが、
ロングナイトムーンのほうが
ロマンチックな雰囲気があり好きです。

以上、
コールドムーンについてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました