ふたご座流星群2019!北海道の方角や観測スポット!極大の時間はいつ?

イベント

ふたご座流星群の流れ星が、
12月14日〜15日の夜
降り注ぎます。

普段はなかなか見れない流れ星ですが、
この流星群の時だけは
沢山見ることができますよ。

ふたご座流星群の
北海道での方角やおすすめの観測スポット、
極大の時間はいつごろなのかを紹介しましょう!

スポンサーリンク

ふたご座流星群2019の方角や極大の時間はいつ?

ふたご座流星群の
2019年の極大の時間は、
12月15日 4:00ごろ

流星のピークの時間は、
12月14日 23:00〜15日の日の出ごろです。

ふたご座流星群が見れる方角は
実はどこでもよく、
夜空が見渡せる場所であれば
方角にこだわらなくても見ることができます。

ただし条件があり、

  • 月とは反対の方角
  • 市街地などの光がない方角
  • 夜空を見渡せる方角

が理想の方角になります。

 

ふたご座流星群の放射点は南南東にあり、
南にあるプロキオン、シリウス、ベテルギウスの
冬の大三角形を目印にして、
その上にある2つの光る星を探しましょう。

それが双子座になります。

ただし2019年の今年は、
放射点近くに月があり
一晩中夜空を照らしているため、
放射点の観測はおすすめできません。

ふたご座流星群のピーク時には、
1時間に40個〜60個の流星が出現するので
観測できるチャンスはかなり多いですよ!

スポンサーリンク

ふたご座流星群!北海道のおすすめ観測スポットを紹介!

ふたご座流星群を見るのに、
北海道でおすすめの観測スポットを紹介しましょう!

◆旭ヶ丘公園

住所
〒075-0036
北海道芦別市旭町

アクセス
JR芦別駅から車で8分

別名「星の古場所」とも言われる
旭ヶ丘公園。

その別名の名は伊達ではなく、
建物や街灯から離れているため
透き通った夜空を眺めることができます。

温泉宿泊施設もあるので
ふたご座流星群を鑑賞したら、
そのまま泊まっていきましょう!

◆滝の川運動公園

住所
〒073-0005
北海道滝川市2

アクセス
JR滝川駅からバスで15分

滝の川運動公園は、
住宅街にある運動施設。

住宅街にありながら
街灯は少ないので、
ふたご座流星群を十分に鑑賞できる
穴場スポットです。

◆支笏湖(しこつこ)

住所
北海道千歳市支笏湖

アクセス
JR千歳線 千歳駅が南千歳駅から、
北海道中央バス「支笏湖」行き(のりば3)に乗車、
終点バス停「支笏湖」で下車

札幌市中心部から、国道453号経由で約70分

新千歳空港から、国道36号・道道16号経由で約40分(30km)

札幌市内や新千歳空港から、
1時間程度で来れる
アクセスのしやすさがポイント。

大自然に囲まれた中で、
ふたご座流星群を鑑賞できますよ。

◆十勝岳望岳台

住所
〒071-0235
北海道上川郡美瑛町字白金

アクセス
美瑛駅から車で35分

旭川市内から
車で1時間程度で来れる、
十勝岳望岳台。

標高930mからは、
満点の星空を眺めることができます。

ただ、かなりの防寒対策をしていないと
寒さに耐えられないので注意してください!

◆シャトレーゼガトーキングダム サッポロ

住所
〒002-8043
北海道札幌市北区東茨戸132

アクセス
JR札幌駅から無料シャトルバスで約40分

札幌市内から離れた場所にある
「シャトレーゼガトーキングダム サッポロ」。

屋外プールは宿泊客以外も利用でき、
22:00まで営業しています。

プールに浮かびながら見る
ふたご座流星群は、
ちょっとリッチな気分を味わえますよ!

ふたご座流星群を観測時のおすすめ防寒グッズ!

ふたご座流星群の観測時には、
冬の夜の寒さに耐えるための
防寒グッズを用意しておきましょう!

冬の夜は想像以上の寒さになります。

しっかりと対策をして
ふたご座流星群を鑑賞してください。

北海道の最低気温は、
12月14日が-1℃、
15日が-3℃の予想になっています。

◆ホッカイロ

防寒グッズの定番アイテム。

寒さを凌ぐには一番お手軽で
簡単に準備することができます。

ですが、ホッカイロだけで
冬の夜の寒さを凌ぐのは難しいので、
他の防寒グッズと併用するようにしましょう。

◆ポケット付きネックウォーマ

ネックウォーマにポケットがあり、
そこにホッカイロを入れることができます。

位置的に首元にホッカイロがくるので、
体中を温かい血液が駆け巡ります。

なかなか暖を取るのが難しい野外では
おすすめの防寒グッズになりますよ。

◆スマホが使える手袋

寒さは末端からくるので、
スマホが使える手袋は必需品。

スマホを操作するたびに、
手袋を脱いでいては
指先は凍えたままになるでしょう。

スマホが使える手袋であれば、
ずっと手を温め続ける事ができ
リアルタイムでふたご座流星群の状況を
追いかけることができますよ。

ふたご座流星群2019!北海道の方角や観測スポット!極大の時間はいつ? まとめ

ふたご座流星群について、
北海道で見れる方角やおすすめの観測スポット
極大の時間などを紹介しました。

ふたご座流星群は
毎年同じ時期に流れ、
その年の最後を飾る天体ショー。

冬の夜の寒さ対策を万全にして、
ぜひ幻想的な流星群を
観測してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました