ふたご座流星群2019!神奈川(横浜)の方角や観測スポット!極大の時間はいつ?

イベント

ふたご座流星群の流れ星が、
12月14日〜15日の夜
降り注ぎます。

普段はなかなか見れない流れ星ですが、
この流星群の時だけは
沢山見ることができますよ。

ふたご座流星群の
神奈川(横浜)での方角やおすすめの観測スポット、
極大の時間はいつごろなのかを紹介しましょう!

スポンサーリンク

ふたご座流星群2019の方角や極大の時間はいつ?

ふたご座流星群の
2019年の極大の時間は、
12月15日 4:00ごろ

流星のピークの時間は、
12月14日 23:00〜15日の日の出ごろです。

ふたご座流星群が見れる方角は
実はどこでもよく、
夜空が見渡せる場所であれば
方角にこだわらなくても見ることができます。

ただし条件があり、

  • 月とは反対の方角
  • 市街地などの光がない方角
  • 夜空を見渡せる方角

が理想の方角になります。

 

ふたご座流星群の放射点は南南東にあり、
南にあるプロキオン、シリウス、ベテルギウスの
冬の大三角形を目印にして、
その上にある2つの光る星を探しましょう。

それが双子座になります。

ただし2019年の今年は、
放射点近くに月があり
一晩中夜空を照らしているため、
放射点の観測はおすすめできません。

ふたご座流星群のピーク時には、
1時間に40個〜60個の流星が出現するので
観測できるチャンスはかなり多いですよ!

スポンサーリンク

ふたご座流星群!神奈川(横浜)のおすすめ観測スポットを紹介!

ふたご座流星群を見るのに、
神奈川(横浜)でおすすめの観測スポットを紹介しましょう!

◆根岸森林公園

住所
〒231-0856
神奈川県横浜市中区根岸台

アクセス
根岸駅・桜木町駅から市営バス21系統「旭台」「滝の上」下車

元競馬場を整備した
根岸森林公園は、
広大な敷地面積を持ちます。

横浜市内からアクセスしやすく、
芝生の上で寝転がりながら
ふたご座流星群が見れますよ!

◆こども自然公園

住所
〒241-0834
神奈川県横浜市旭区大池町65-1

アクセス
相鉄線 二俣川駅南口下車 徒歩20分
相鉄線 南万騎が原駅下車 徒歩7分

アクセスしやすく
巨大なアスレチックが楽しめる、
こども自然公園。

周りには街灯も少なく、
ふたご座流星群を見れるスポットです。

◆城ヶ島公園

住所
〒238-0237
神奈川県三浦市三崎町城ケ島

アクセス
京急三崎口駅より城ヶ島行きバス20分
「白秋碑前」下車徒歩約7分

三浦半島の最南端にある
城ヶ島公園。

展望台があるので、
そこからふたご座流星群を
見ることができます。

◆みなとみらい

住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区

アクセス
みなとみらい線 みなとみらい駅下車

東京湾に面した
一大シティタウンのみなとみらい。

臨港パークは
街灯の影響が少なく、
ふたご座流星群が見れます。

ふたご座流星群を観測時のおすすめ防寒グッズ!

ふたご座流星群の観測時には、
冬の夜の寒さに耐えるための
防寒グッズを用意しておきましょう!

冬の夜は想像以上の寒さになります。

しっかりと対策をして
ふたご座流星群を鑑賞してください。

横浜の最低気温は、
12月14日が5℃、
15日が6℃の予想になっています。

◆ホッカイロ

防寒グッズの定番アイテム。

寒さを凌ぐには一番お手軽で
簡単に準備することができます。

ですが、ホッカイロだけで
冬の夜の寒さを凌ぐのは難しいので、
他の防寒グッズと併用するようにしましょう。

◆ポケット付きネックウォーマ

ネックウォーマにポケットがあり、
そこにホッカイロを入れることができます。

位置的に首元にホッカイロがくるので、
体中を温かい血液が駆け巡ります。

なかなか暖を取るのが難しい野外では
おすすめの防寒グッズになりますよ。

◆スマホが使える手袋

寒さは末端からくるので、
スマホが使える手袋は必需品。

スマホを操作するたびに、
手袋を脱いでいては
指先は凍えたままになるでしょう。

スマホが使える手袋であれば、
ずっと手を温め続ける事ができ
リアルタイムでふたご座流星群の状況を
追いかけることができますよ。

ふたご座流星群2019!神奈川(横浜)の方角や観測スポット!極大の時間はいつ? まとめ

ふたご座流星群について、
神奈川(横浜)で見れる方角やおすすめの観測スポット
極大の時間などを紹介しました。

ふたご座流星群は
毎年同じ時期に流れ、
その年の最後を飾る天体ショー。

冬の夜の寒さ対策を万全にして、
ぜひ幻想的な流星群を
観測してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました